木内工務店 家づくりコンセプト

思いを込めたあなたのための家を一緒に造りましょう!!

夢の実現へのサポート

どんな家を建て、どんな生活をご家族で送りたいですか?

夢を想い描くことから家造りは始まります。思いを漠然としたものから、1つ1つご家族にとってこだわるべき事柄なのかどうか確認をして決断を重ねて家は完成します。まずは私達にお客様の夢をお聞かせください。夢の現実に向かっていろいろなパターンを提案し、お客様に検証を重ねて頂き安心して決断ができるようにスタッフ一同でサポート致します。そして、一緒に家造りを楽しみましょう!!

技術的サポート

夏を旨とした住宅造りの時代から住む人にも地球にもやさしい家造りが求められる時代へと変わってきました。
木内工務店のハード面強化の時代 初代モデルハウス

冬の寒さは身に染み、結露や家の中での部屋ごとの温度差は悩みの種!そんな悩みを解決した高断熱・高気密・計画換気のモデルハウスでした。

高断熱・高気密と言う言葉がまだ耳慣れない時代。この頃のお施主様は「家の性能」についてとても熱心に質問されました。私達もC値(隙間相当面積)をより小さくするためにいろいろと工夫を重ねました。

木内工務店 ハード面にソフト面を追加した時代 第2代モデルハウス

初代モデルハウスをリフォームしました。寒さや結露から住む人を守ることが出来る建物に、ぬくもりと自然素材の安らぎをお求めやすい価格で提供できるモデルハウスでした。

外観をガラッと和風に変えたところ、「木内工務店は和風しか作らないの?」と聞かれたこともありました。 しかし、家の中に入って無垢の床板、腰板、梁などを目にした皆さんは、和風、洋風、また年代に変わりなく、 そのぬくもりに癒され「何かこの空間、落ち着くよね」とゆっくりされて行かれました。

木内工務店 更なるハード面の強化と自然エネルギー利用の時代

冬の結露・寒さの対策実績に夏の焼け込みに対する遮熱対策を追加しました。もちろん無垢の床材、柱、梁などを使用。更に西洋漆喰の塗り壁を標準化しました。標準で省エネルギー対策4等級の構造。
次に木内工務店が皆様にご提案するものは、「家庭の消費エネルギーの約2/3を占める暖房と給湯」の自給自足システム。太陽光発電では、まかなえなかった暖房や給湯にも太陽光エネルギーなどを利用することで、家庭で使うエネルギーの自給自足を目指す家をご提案します。

未来の子供達により良い環境の地球を手渡すためにも、私達は環境負荷の少ない家を造ります。



このページTOPへもどる
お問い合わせはこちら
営業エリア 【長野県】 佐久市・小諸市・軽井沢町・御代田町・東御市・上田市・立科町・南佐久郡