木内工務店ブログ

2012/10/30 火曜日

今日は講習会

Filed under: 未分類 — 管理者

今事務所に帰って来ました。

今日は、松本で自立循環型住宅設計講習会に行って来ました。

3.11の東北大震災から住宅造りは、本格的に変わってきました。

その根っこには、原発問題があるのです。

我が国のエネルギー自給率は、先進国において韓国と並んで最低です。

以前にも書きましたが、2008年当時原発を除いて96%輸入でした。

今原発が動いているのは大飯原発のみですのでその比率は98%ぐらいになっているのですね。

危機的状態です。待った無しの政策が必要なのです。

そこで、民間において白羽の矢が立ったのは住宅です。

住宅の先進国北欧やドイツ基準に見習い1999年に改正した次世代省エネ基準の見直しがそれです。

ハウスメーカーや大手プレハブの政治力により、断熱基準が低く抑えられていたのを強化するのが今回の改正です。

でも、やはり2本立てになっています。

ハウスメーカーや大手プレハブに都合の良い設備関係を入れての省エネと、もう一つは外皮断熱の基準です。

本当は、まず外皮断熱性基準のクリアをしてから設備関係などを取り入れた一次エネルギーを考えなければいけないのにね。

やはり、圧力が有るのですね。

まあ、国全体が良い方向に向かいつつあるのが少しは安心かな。

 

 

 

2012/10/28 日曜日

薪小屋

Filed under: 家づくりコラム — 管理者

2012_1027a0003.JPG

こんにちは。

今日は、風が寒くセーターを着ています。

小雨で、なんだか憂鬱です。

そんな中、昨日は2カ月前に引き渡したお客様の所に行って来ました。

実は、私の設計で薪小屋を造ったのですが写真を撮り忘れていたのです。

今は、その薪小屋に沢山の薪が納まっていました。

これから、迎える冬に備えての薪です。

しかし、お客様暖かい家だからそんなにはいらないかな?

実は、普通の家と違って弊社の造る家は暖炉を焚くにも、チョット工夫が必要な家なんです。

薪を入れて、火を付けようとしても着火しないのです。

気密が良くて、煙突が温まって上昇気流が発生しないうちは煙が逆流してきちゃうんです。

レンジフードを使用している時も同じ現象で逆流してしまいます。

着火時にはほんのチョットの工夫で快適な暖炉生活ができます。

そして、部屋中直ぐに暖かくなりその暖かさは長持ちします。

結果、薪の量は普通の家の半分ぐらいで済むのです。

今年の冬は、どのくらいの寒さになるんでしょうか。

 

2012/10/25 木曜日

軽井沢の紅葉

Filed under: ひとりごと — 管理者

先日は、浅間山に雪が降りましたね。

この時期になると、夏の暑さが懐かしいのは僕だけではないかな。

朝起きるのが大変おっくうになりますね。

今日軽井沢に、別荘のリホームの関係でいきました。

軽井沢は、今紅葉真っ盛りです。

観光客も格好いらして、この時期にはにぎあっていました。

雲場池は、例のごとく観光客で人・人であふれていました。

キャリテ工房の庭も、赤・黄色・など色とりどりで奇麗です。

そうだ、軽井沢マラソンの看板が出ていました。

今年も、大勢のランナーが紅葉の中を気持ち良く走るんですね。

僕も、来年は走ろうかな。

2012/10/22 月曜日

素晴らしい!

Filed under: 未分類 — 管理者

dsc.JPG

日曜の朝の一こまでした。

仕事で使う材料を昨夜職人さんに頼んであったのでその日の朝散歩をしながら約4キロの道のりを往復しました。

小海線の美里駅付近を通りかかった時です。

おじいちゃんたち、グループが駅の植木の手入れやゴミなどを拾って駅を奇麗にしているのではないですか。

約10名ぐらいです。

学生がほとんど乗り降りする当駅でクリーン作戦をしてくれています。

素晴らしい事ですね。

帰りの7時半ごろには、終わった感じで帰り支度をしていました。

奇麗になっている駅には、陰で支えているおじいちゃん部隊がいる事。

感謝しなければいけないね。

僕はと言えば、朝の眠さに耐えきれない自分。

そんな毎日に、「変わろうと思う」今日この頃でした。

2012/10/19 金曜日

順調

Filed under: 未分類 — 管理者

日中は穏やかな天気で、車を運転していて眠くて困りました。

朝晩は、肌寒い日が続いていて起きるのが億くうな毎日です。

そんな中職人さんには、順調に工事をやっていただいています。

やはり、仕事には工期があります。

予め立てた工事予定と実際に工事を進行している現場と違っていてはいけません。

そのために、現場代人が段取りを組んで仕事がスムーズに進むようにしてくれています。

設計部と現場代人の打ち合わせがしっかりしていなければ間違いが起こります。

そのために、毎日の打ち合わせや社内会議などが必要です。

今社内会議が終わりました。

順調に工事は進んでいます。

みんなしっかりやっています。

2012/10/17 水曜日

Filed under: ひとりごと — 管理者

秋の気配ますます。

昨日の朝道に落ちている栗を見つけて拾ってきました。

今机の上に置いてあります。

それを見ていると、秋を感じることができます。

大きな栗の木、道の上まで茂っていて沢山道に落ちていました。

車にひかれて粉々になっているのも有ります。

日ごろ忙しさで、秋の気配を感じることも無く冬になってしまう今まででした。

一年の四季を体で感じる事のできる幸せって良いですね。

ここ佐久市も開発ラッシュで自然が少なくなっています。

でも身近で感じる事はいくらでも出来るのです。

2012/10/15 月曜日

白蟻

Filed under: 未分類 — 管理者

dsc_0271.JPG

朝晩めっきり冷え込みましたね。

でもまだ10月です。

日中は、まだまだ暑いくらいですね。

そんな中リフォーム工事を行っている現場で、白蟻が発生していました。

築35年になる家の柱と壁にヤマト白蟻が巣を作っていました。

写真をご覧いただくと判りますが、相当柱は食い荒らされていて指で押すと凹みます。

壁の下地のラス板のほとんど限界を留めていません。

早速白蟻の消毒を依頼しましたが、思いがけない事でビックリです。

白蟻の発見は床下を点検すれば概ね判るかと思いますが、古い家では床下が狭く暗いのが実情です。

よくよく見なければ、発見できないと思います。

今回は、発見できてよかったですよ。

補足:この現場は弊社の施工した物件では有りません。

dsc_0270.JPG

2012/10/12 金曜日

毎日が早い

Filed under: 家づくりコラム — 管理者

大分御無沙汰してしまいました。

秋真っ盛りって感じですね。

栗が落ちていたり、木々も何となく色づき始めたと言う感じです。

先日チョット背中が寒く、あれ 風邪かななどと思い早寝と厚着をしました。

今なんとも無くなり、調子良いです。

そんな中、リフォームや建て方と工事が目白押しです。

段取りも中々忙しい。

今週も、引き渡しや地鎮祭と週末は打ち合わせが入っています。

毎日が、あっと言う間に過ぎてしまう事。

「幸せなんだな」

でも、思ったことの30%ぐらいしかできていない事の焦りが有る自分がいます。

一段一段階段を上るごとく着実に、やっていこうなと言い聞かせています。

でも、

2012/10/7 日曜日

温度差

Filed under: 家づくりコラム — 管理者

本日は、完成見学会でした。

今事務所に帰って来たところです。

多くの方に来て頂きありがとうございました。

御提供して下さいましたお施主さま大変ありがとうございました。

お客様一様に、木の香りが玄関に入るとスート感じると言っていました。

各所にこだわりの、オリジナル家具が有りビックリしていました。

一番は、外と内の温度差でした。

今日の夕方外の温度が14℃、そして室内は21.5℃なんです。

今年の冬は、快適に過ごせる事をお約束出来ます。

来週からは、着工ラッシュです。

2012/10/3 水曜日

いよいよこれから

Filed under: 家づくりコラム — 管理者

秋真っ盛りと言いますか、寒くなってきました。

軽井沢に行ったのですが、セーターが欲しいほど寒い。

今事務所(築35年)ですが、やはり暖房がほしい。

今年の冬はどうなんかな。

この時期に来ると皆様思い出しますか、忘れていたあの結露の時期になりますよ。

冬の間結露の現象に悩まされていた事思い出して来ましたか。

どうすれば結露無くなるの。

佐久平のSBCハウジングパークへ行った方から聞いたのですが、各メーカーの営業マンが結露は自然現象なのでどこの家でも絶対に発生する。

「発生しないはずは無い」と言われた。

営業マンが言うのも無理無いな、アパートに住んでいる時から結露。

自宅を新築(プレハブメーカー)しても結露。

事務所でも結露。

何処に行っても結露なんで、その営業マンの言うのもうなずける。

でも、結露の発生しない家有るんですよ。

冬快適に過ごせる家あるんです。

それも、オーダーメイドでこだわりってこだわってできるんです。

住んでからの燃費もあまり掛らないんです。

その家の見学会が、今週の末に開催されます。

是非御自分の目で確かめて下さい。

Copyright© 2006 Kiuchi Corporation. All Rights Reserved