木内工務店ブログ

2012/3/30 金曜日

今日はM様の5年点検

Filed under: 家づくりコラム — 木内

春一番のような強い風でした。

現場のシート確認もなんとか済ませてホットしたところです。

タイトルに有る点検ですが、M様宅に伺いました。

凄く奇麗にしておられるM様、嬉しいですね。

M様と、まず外部点検基礎周りから始まり外壁そしてサッシなど点検を済ませて次は内部です。

内部も一通り点検終了。

でも一つ大切な事有りました。

換気ですね。

M様1年ぐらい換気の掃除忘れていたのでした。

この際やりましょうと、早速掃除開始。

本体汚れていましたね。

でも、奇麗になりましたよ。

換気の大切さをお話して5年間の住み心地を聞きました。

FFストーブ1台のお宅です。この冬なんと23時ごろ暖を止めて朝13℃ですって、それって凄い事ですよね。

「保温力抜群の家、そして省エネ快適」M様御満足しておられました。

このお客様に喜んで頂ける事が、次なるステップになるのです。

頑張ります。

2012/3/27 火曜日

エネルギー貯蔵庫

Filed under: 家づくりコラム — 木内

 

今日は、小春日のような気温でしたね。

このような気温が続いてほしいものです。

さて、タイトルにあるエネルギーですが今日本の原発稼働は一機ですね。

TVで今年の電力供給はどうかが問題にされています。

やはり節電をしなければピーク時には、足りないと言っていますね。

どうすればいいでしょうか?

これからは、今までの時代のようなエネルギーを豊富に使える時代はもう来ないでしょう。

日本のエネルギー問題を根本から考え直す必要があります。

それも、法律的・義務化などを考えながら。

原発に頼れなくなった今、最善の組み合わせは何だろう?

 2012_0327a0011.JPG

 

 

これが、今日見つけた基地「エネルギー貯蔵庫」なるものかな?

最終的に一番必要なのは日本人一人一人が、どう節電するかがカギになるんでしょう。

2012/3/24 土曜日

喜んで頂ける事

Filed under: 家づくりコラム — 木内

今日は、風が強くて小雨だったりで春の気まぐれ天気の様相です。

そんな中ですが、今日は大変日が良くて2件の地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭の祭事中は雨の影響はほとんど無くて無事終える事ができました。

これから、着工です。

ケガの無いように、そしてお客様に満足して頂ける住宅を建てたいと思います。

御近所の皆さんも大変良い方で、完成後のお付き合いも楽しみですね。

その後、今年の1月からお住まいのOBのお客様にデッキとカーポートの見積もり依頼を受けたので行ってきました。

そのお話を少々書きます。

結果からですが、大満足。

結露まったく無し、家中快適温度過ぎる。

外の寒さが判らず薄着で外に出てしまってまたコートを取りに家に入る。

子供が、布団も掛けずに眠ってしまう。

暖房も中で過ごせる。

お友達が来てビックリ床暖入っているの?。

鉢植えの緑が鮮やかで、伸びも早い。

子供が、家に入ると靴下を直ぐ脱いでしまう。

たんすの衣類が要らない状態?    洗濯して干しておくと4時間で乾いてしまうので着替え分も入れて2着で済む。

羽毛布団が、軽くなった。

などなど「いっぱい」話して頂きました。

そして、アパートの時の光熱費と同じくらい。

御満足していました。

お友達が一緒の頃家造りをしたのですが、結露でカーテンがビッショに濡れて可哀そうだと言っていました。

家造りこそ、ピンキリです。

安ければ安いなり、そして知識の無い会社は無いなりで営業にて口八丁でしのいでいる。

そんな家造りは、そろそろやめましょう。

家造りで人が、不幸になるから。

良い家造りは、必ず住まう家族を幸福にします。

工務店を選ぶ事は、幸せをつかむか不幸をつかむかですよ。

よほど、慎重に決めないとね。

2012/3/22 木曜日

ありがたい事です

Filed under: 家づくりコラム — 木内

朝晩の寒さは、徐々に和らぎ桜の便りが聞かれる季節となりました。

でも、軽井沢では雪・雪です。

先日、OBのお客様が弊社のモデル棟に御出で下さいました。

築6年になります。

ありがたい事です。そして尚工事見積もり依頼。

感謝・感謝です。

OBのお客様との繋がり本当に嬉しいですよ。

良く言われますが、家造りは引き渡してからがお客様との本当の付き合いとね。

本当にそうです。

励みになる出来事でした。

2012/3/20 火曜日

何事も急所

Filed under: ひとりごと — 木内

今日は、晴天ですが気温は大変低いですね。

体が付いて行くのが、少し大変見たい。

実は、以前から肩こりひどいので自宅のマッサージ機で時々マッサージしていたのですが一向に回復しません。

トクホンを張ったり磁気のピップを張ったり、でも一向に治りません。

そこで、もう我慢できなくて専門家にかかりました。

痛いのなんのって、涙が出るくらいの痛さをこらえて耐えました。

肩こりは、肩の部分の肩もみしか無いと思ったんですが、ところが間違い。

専門家は、やはり違いました。

腕の肩下内側の筋肉部分でした。

そこの所を、「ぐり・ぐり」と悲鳴の出るぐらいやってもらいました。

最後に、肩回し。

良い感じなのです。

そして、今日は何と快調です。

頭すっきりで、肩の凝りなんも感じません。

やはり、つぼを押さえないと効果無いですね。

「それは、何事もそうかな」と思う今日このごろ。

皆さんも試して見てはいかがですか。

2012/3/16 金曜日

難しいエネルギー問題

Filed under: 家づくりコラム — 木内

段々春が身近に感じられる今日でした。

こんな記事を見ました。

今年の7月に再生可能エネルギーの買い取り制度が施行される予定で各電力買い取り価格が決まるのは5月以降になるらしい。

買い取り価格が低ければ再生可能エネルギー電力の増大に結び付かないし、現在のように高すぎれば国民や産業界の負担が過剰になる。

難しい問題ですね。

それから、地球温暖化対策を考えると逆流になって来ますよね。

なにも電気だけの事を、考えるから極端な方法しか見つからないのではないでしょうか。

熱は熱として使うのが一番効率が良いのでしょう。

電気以外に熱をもっと取り入れて、団地・村・町・市などがガスのように熱を各家庭に安く供給する体制を作らなければ解決できないでしょう。

要は、熱から電気・電気から熱に変えるに大きなエネルギーを損失しているからです。

 

 

2012/3/12 月曜日

お客様ありがとうございました。

Filed under: 家づくりコラム — 木内

10日・11日と完成見学会に大勢の方に来て頂きありがとうございました。

ご提供して頂いたU様ありがとうございました。

大切な住宅、家造りを真剣に考えて頂いているお客様が来て下さいました。

弊社では、現地での受け付けはしていません。受付会場は別で用意していますので興味本位の方は来ません。

お客様のプライバシーの事を考えて興味本位の方には、ご遠慮して頂いています。

見学会はお祭りでは無いからです。

10日は、今年一番の大雪。

朝一から雪かきに追われ10時ギリギリでお客様を迎えられました。

予約のお客様はじめ午後は、お昼が食べられない状態フル回転でビックリしました。

お客様から、このような天気でも見学会に来る人は本当に家の事を考えているからだと言っていました。

お客様の中には、お子さん連れでも5時間半お付き合いして頂いたお客様もいて感激しました。

完成会場で、この寒さでこの暖かさ皆さん一様にビックリ。

床暖なしで、床の温度23〰24℃あれこれって本当に床暖してないの?

壁の温度も23〰24℃全てが同じ温度て素晴らしいでしょう。

暖房機から一番遠い部屋でも同じ温度、そして蓄熱の威力が床・壁・天井に。

弊社の造る住宅の素晴らしさを満喫して頂いたと思います。

ありがとうございました。

 

2012/3/9 金曜日

天気を見ながら

Filed under: 家づくりコラム — 木内

今日は春の嵐と言いますか、雨だったり雪になったりで大変な一日でした。

朝の散歩時は、ほとんど降っていないぐらいの程度でした。

ところが、その後雪それも大粒の雪。

今日は、コンクリート打ちの日だったので基礎工事屋さんと直ぐ連絡。

テレビの天気予報や、スマートホンの天気予報やら見て分析に追われた結果中止にしました。

そして天気はいかに。

予想どうり日中は、雪になったり雨になったりでそして現在は雪です。

やはり、中止の決断は正しかったのです。

良いだろうとか、なんとかなるだろうとその場しのぎだと後悔したかも知れません。

やはり、お客様の大切な建物です。

業者任せや、こちらの都合では絶対ダメです。

全てにベストを尽くす事。

それも細かい事は、なおさらかもしれませんこの細かい事の集合体の集まりが住宅です。

社長自らベストを尽くす事、そして判断する事がお客様に信用して頂いた証です。

 

2012/3/8 木曜日

快適空間(2)

Filed under: 家づくりコラム — 木内

今朝で2日目5時半にスタート。

チョット筋肉痛です。お恥ずかしいです   それは散歩なんです。

これから御引き渡しをされるお客様と先程話す機会が有りました。

今お借りしているアパートでの現況です。

やはり、「結露問題すご~い」  そうです。

その凄さは、想像を絶するものです。

一日も早く新居に越したい気持ちが判りました。

では、なぜ結露が起きるのでしょうか?

いろいろなハウスメーカー・工務店の営業マンや社長さんに聞いて下さい。

どんな説明をするか楽しみですね。

ごくごく簡単な事は、空気は温度が高いほどたくさんの水蒸気を含むことが出来ると言う事です。

住宅の内壁やサッシなどの表面温度が低いと結露が始まるのは空気の含む水分量が限界に達しているからです。

そのデーターは、湿り空気線図を見れば一目了然です。

 

 

 

2012/3/6 火曜日

快適空間(1)

Filed under: 家づくりコラム — 木内

春が一歩づつ近づいています。

すごしやすい気温になりました。

でも、朝はだままだ寒いですね。

先週の見学会にお越し頂いたお客様の中に、換気についての質問がありました。

木内工務店の造る住宅には、換気システムが必要です。なぜかと言うと快適に住んで頂きたいからです。

そのシステムも法律で義務ずけているから、形式的に付けている他社のとは全然違います。

お客様が、他の工務店の営業マンから聞いた話ですが換気は余り重要視しなくて自然に換気してくれるから良いと説明してくれたらしい。

お客様も、機械の換気は余り好きではないので、やはり自然換気が良いとの事。

僕も自然換気で、快適な生活が一年中送れればそんな良い事は無いと思います。

でも、季節によってです。小春日和の春・そしてあまり暑くない夏・肌寒くない秋に限定です。

そう考えると、一年で約4カ月ですか。

最近の異常気象を考えると、2~3カ月も無くなるような気がします。

そして春から飛び交う花粉によるアレルギーなどなど最悪なシナリオが浮かんできます。

そして、昔に戻って隙間の沢山ある住宅で暮らすと自然換気と言うか換気を意識しませんね。

その代り、冬は厚着してコタツ生活やはたまた光熱費がかかりすぎて家計を圧迫する事でしょう。

こんな話を多々聞いたことが有ります。

せっかく初期費用をかけて設置した床暖房、あまりの光熱費にビックリして新築してごくわずかの期間した使わない。

これって何だろうか。

換気をおろそかにするからなんです。

冬も温かい、夏も涼しいと歌っている建築屋なら当然換気の重要性とシステム内容を把握すべきです。

空気のコントロールは、その住宅に住む人の生命維持に深くかかわるからです。

次ページへ »

Copyright© 2006 Kiuchi Corporation. All Rights Reserved