木内工務店ブログ

2011/4/30 土曜日

省エネ環境共生の家

Filed under: 家づくりコラム — 管理者

0202.jpg0194.jpg

省エネ環境共生の家が完成しました。

外観は、シンプルモダン系に仕上げました。

さて、内部はどうでしょうか?

癒しの空間・洗練されたキッチン廻り・のびのび吹き抜け・製作家具などたくさんの見どころがあります。

一番は、省エネです。

太陽の熱利用と光を利用したエネルギーと空気を利用したエネルギーで光熱費を出来る限りすくなくしました。

雨水を利用したガーデニングなどこれから取り組まなければならない事が一足先に完成しています。

これが、未来型住宅の先進モデルです。

連休中3・4・5日は見学できます。

是非ご覧頂いて、素晴らしさを体験してください。

2011/4/29 金曜日

今帰ってきました。

Filed under: ひとりごと — 管理者

0141.jpg

先ほどまで、ペンキ塗りをしていました。0193.jpg

今どきの色です。

仕事は、段取り8分と言いますがそうはいかなかったのです。

養生の出来で仕上がりが違うのですよ。

物事は、順序気が焦るのを我慢、我慢。

やっと完成しました。

疲れた。でも自分で塗った書棚。

良いですよ。

自分でやって見ましょう。

疲れた失礼します。021.jpg

2011/4/25 月曜日

エネルギーは、

Filed under: 家づくりコラム — 管理者

皆さん御承知の通り東京電力福島原発は大変な事になっていますね。

毎日放射能量の測定また計画的避難区域の人たちや家畜はどうなるんだろうか。

原発で揺れた地方選「反対」トップ当選との見出し無理も有りません。

原発は、もうまっぴらと思うもは当然です。

また、問題になるのは電気需要です。

3月11日以降、日本のエネルギー事情は急激に悪化しています。

計画停電や節電など思いもよらない事態が発生しています。

これから、夏にかけて電力がひっ迫するのは目に見えています。どうすればいいか?

神奈川県知事ではないが、太陽光発電の普及が急務が当選公約で当選してしまいました。

良く考えると、家庭の消費エネルギーを見ると暖房21パーセント給湯36パーセント照明家電が41パーセント冷房1パーセントの内訳になるそうです。

自然エネルギーを太陽光発電と太陽熱でほとんどカバーできるシステムが必要になります。

当然住宅自体も、高断熱・高気密・遮熱などが重要になってくるでしょう。

偽りの省エネ住宅などお払い箱ですね。

これからは、真の省エネが必ず必要になってきます。

 

2011/4/23 土曜日

自然と向き合う

Filed under: ひとりごと — 管理者

0224.jpg

今日は雨模様です。

今朝の「職場の教養」に一匹の蛇とタイトルが有りました。

山道を走行中道路に一匹の蛇と出くわした行く手をさえぎるように横断して行った。

なんとなく嫌な予感がしたのでそのまま山を降りた。

後日同じ道路を通ると、路肩崩落の為通行禁止の立て札が建っていた。

偶然の出来事、でも危険を教えてくれた存在は有りがたい。

自然との接点が減少している昨今科学的な根拠に頼る事が多い中もう少し自然と向き合わなくては人間いけないな~と考えてしまいます。

今回の、原発の事故も同じ事が言えるのではないでしょうか。

日本の最高レベルの科学者や技術者が原発を造って最も安心ですと言った物が今手が付かない状態になりその地域の住民が犠牲になりその地に足を踏み入れる事が出来ない。

そんな、馬鹿な事って有るの、でもそれが現実。

これってなんだ。

企業の自己利益や良い顔主義の政治家の産物でしかないじゃないか。

もう、みんなが気が付きNOを言えるようにならないと、この国は終わります。

もっと、自然と向き合い調和して生きる、人間って本当は自然の中の一員ではないのかな。

温室効果削減、二酸化炭素25パーセント削減、掲げる事は簡単です。(世界に掲げて、首相をすぐやめる政治家)

手っ取り早いのが、原発なんて考えるへんてこりんな人間がいます。

その人間は、コンクリートに囲まれて育ち勉強・勉強そして塾ずけの毎日自然を知らない人(自然の大切さや自然の恵み)ではないか。

もう一度自然の中で大きく深呼吸して見ようでは有りませんか。

きっと何かが得られると思います。

2011/4/20 水曜日

仲間

Filed under: 未分類 — 管理者

0381.jpg

先日FPグループ北信越の第19回総会が長野市で有りました。

北信越から大勢の会員が参加して目標と活動方針を示されました。

その一つに、今回の東北大震災の被害状況も発表されました。

東北にも大勢の会員がおり被災されております。グループで義援金も募っております。

そのほかにも、会員さんからの要望:仮設住宅の給湯器の手配などいろいろな面でサポートしています。

これが仲間ですよね。

志を共にし、高性能住宅をお客さに提供する。

いろいろな悩みを地区交流会を通して語り合うそう言う仲間。

心一つにして、誓い合った一日でした。

 

2011/4/16 土曜日

大地の息吹

Filed under: 未分類 — 管理者

hatake.jpgtanbo.jpg

やっと、春らしくなり朝の散歩も気持ちの良い季節になりました。

田んぼもご覧のように、おこされていました。

畑も、いよいよ本格的に成って来ています。

朝、大地からの匂いも感じて来ています。

太陽が昇り始め小鳥たちがさえずって、ああ~自然ていいな~と思うひと時。

空気をいっぱい体中吸い込む、それが自然  普通  なんだよね。

福島の人たちは、原発の放射能の影響でこの自然な行為ができねんだな。

自宅にも帰れなくている。

こんな事誰が想像できたことか、いや想像した事も有ったんではないかな。

良い事ばかりが先ばしり悪い事は想定外と繰り返す。

もう原発はやめようよ。

人が、空気を思いっきり吸える環境に戻そうよ。

散歩で、感じました。hituzi.jpg

2011/4/11 月曜日

うれしいおしらせ

Filed under: 家づくりコラム — 管理者

今日は、風が大変強く外仕事にはきつい一日でした。

また、先ほど地震が有り弊社の築30年の事務所はガタガタ揺れて心配しました。

宮城県は、震度6のようで被災された皆さんのお気持ちは大変察するところです。

早く余震も収まってほしいです。

さて、昨日「成長する家」の御家族が、お見えになりました。

自宅から、初めて乗る中部横断道路で来たそうです。佐久北インターで降りてほんの数分で弊社の事務所についたのにはビックリしていました。

住み始めてからの話が出ました。

何しろ暖かいそして、外の騒音が聞こえない、なんと地震もあまり感じないなどを連発して頂きました。

御満足の様子で、私思わず「感無量」でした。

セールスマンが、どんなに良い事を言っても住宅は住んでみればわかるんです。

まして、親戚やお友達が遊びに来て感じてくれれば一目瞭然です。

心をこめて全員で、造り上げた住宅です。

私も、何十回も見てきました。出来栄えに自信が有ります。

お客様の喜んで頂く顔が、心を支えてくれます。

明日も頑張るぞ!

2011/4/4 月曜日

元気を出して前に進みましょう

Filed under: ひとりごと — 木内知恵美

 

 ここのところ、家に帰り見るニュース番組では

相変わらず好転の兆しのない福島原発の様子。

海での懸命な捜索にも関わらず行方不明者の減らない現状。

 

私達の心を置き去りに時間だけが進んでゆくようで・・・・

 

そんな、心の重い日に笑顔の天使が訪れてくれました。

 

我が木内工務店ファミリーの

      かわいい孫の今日は入園式

 

ママと一緒に立ち寄ってくれました。

                dsc03031.JPG

 

いつものように 「 おもちゃは~  」 と 早速 遊び はじめ~

   シホさん相手に怪獣ごっこをしたり・・・・・・

 

        dsc03032.JPG

 

 事務所にも、みんなの笑い声がひびき

        心和ませて貰いました。

子供の笑顔はカンフル剤より効き目がありますね。

 

 

そろそろ、皆さんの中にも入園・入学と

           笑顔がほころぶ頃になりますね。

 「  おめでとうございます  」

 

子供さん達の笑顔に負けないように

      さ~、下ばかり見ていられません。

        元気を出して前に進みましょう!!

 

 

 

 

2011/4/2 土曜日

4月に入って

Filed under: 未分類 — 管理者

今朝はけっこう暖かく散歩には最適な陽気でした。

久しぶりの散歩で、チョット走ると息切れがします。

畑もおこし始めています。小鳥も元気よく鳴いていて見るからに自然を感じさせられます。

いままで自然て良いものとしか感じていなかったのですが、時には脅威になるし今回の大地震と津波を見ているとどうしても被災された人たちは悔しい思いが心から離れないのかなと考えてしまいます。

悔しさや哀しさをこらえて前向きに頑張っている人、時には声をころし涙を流してしっしにこらえている人を見ているといたたまれません。

自分て平時を必然的に受け入れているが、どうなんだろう。

時には、自分に置き換える事をしなければいけない。

被災地の皆様が、早く立ち直れる事をお祈りしています。

 

2011/4/1 金曜日

スタッフの思い  ~ Part 3 ~

Filed under: ひとりごと — 伊藤

 

東日本大震災について 

    

長野佐久は 震度5 !! それでも大きな揺れで

その後の余震でも恐怖感はずっと続きました。

 

その後のTV報道にはず~と、くぎづけで

        信じられない。 

未だ勝手味わった事のない絶望的な思いで涙が止まりませんでした。

どんどん広がる被害状況にも 「もう、これで終わりにして欲しい」と

ただ 願うばかりでした。

 

被害地の皆さんの事を思ったらある程度の事は我慢できると、誰もが思った事と思います。

未だ原発や復興や解決にはならず私達の生活にも、大きな影響の余波が来ています。

大惨事からやっと20日余り、毎日の報道は長~い冬の続きのようです。

でも、春はもうすぐそこまで来ています。

 

今、私達に出来る事は

とにかく 今の自分達の仕事を頑張ること。

支援物資も出せる物は用意したり、義援金も少しでも送る とか・・・・

出来る事は小さいけれど 日本中みんなが 同じ思いだったら

とても 大きな輪になると思います。

 

今、生きている事に感謝して

    仕事ができる事に感謝して

今、自分達ががんばる事が

    支援や、未来につながると思います。

 

日本中からの思いやりや、世界中からの応援で必ず

復興できる日本を信じて、これからの為にがんばって行きたいと思います。

 

                                     S・O

 

Copyright© 2006 Kiuchi Corporation. All Rights Reserved