木内工務店ブログ

2009/11/29 日曜日

今日は、絆の家の引き渡しでした。

Filed under: 家づくりコラム — 木内

022.jpg

今日は、絆の家の引き渡しでした。

朝の9時から設備関係の説明、そして空調のお手入れ方法などの説明と暖炉の火入れ式などが行われました。

約半年間の工事でしたが、今日引き渡しが出来て感無量です。

お客様の笑顔そして一軒、1軒が思い出に残る作品です。

この絆の家は、優しいご家族が話し合い・お父さん・お母さん・おばあちゃんの為に考え抜いた傑作です。

この冬は、きっとご家族が暖炉の前に集まって思い出を語ってくれることでしょう。

永く使って頂く住宅そして、みんなの思いの結晶ご家族がいつまでも健康で住まわれますようにお祈りしています。

 

 

2009/11/25 水曜日

省エネ満足度 NO.1

Filed under: 家づくりコラム — 管理者

お住まいになって1年過ぎた Mさまより 教えていただきました。

 

佐久市  Mさま邸 電気料金実績 (オール電化住宅)

 日  付      電気料金   
 2008.12     5,759円  12月はおよそ半月分です。  
 2009.01    23,408円   
 2009.02    17,185円   
 2009.03    16,754円  
 2009.04    13,775円   
 2009.05     7,564円   
 2009.06     5,605円   
 2009.07     5,607円   
 2009.08     5,963円   
 2009.09     5,007円   
 2009.10     6,442円   
 2009.11     6,960円   
 合  計     120,029円  
       
       
条件     蓄熱暖房は厳寒期でも蓄熱量80%程度で設定。      
        エコキュートは深夜のみ運転モード(給湯量はMAX)。      
       
        蓄熱暖房器  7KW  1台 で家中暖房     
        エコキュート  370L      
        IHクッキングヒーター             
 1階床面積 67.08㎡ (20.25坪)    
 2階床面積 54.65㎡ (16.5 坪)  吹き抜け 12.42㎡ (3.75坪)
 延床面積 121.73㎡ (36.75坪)  気積 134.16㎡ (40.5坪)
       

M様のコメント       
なお、アパート時代の光熱費(2LDK、電気・ガス・灯油代)を       
同期比較してみましたが、今年の電気代の方がトータルで25%程度安いです!
(08年12月分が半月分ですが・・・)

 

みなさんのお宅の光熱費と比較して如何ですか?

アパート(2LDK)より安い一戸建ての光熱費!

        家計に貢献できて家中が快適空間 

お施主様の笑顔が
     木内工務店ファミリーにとって最高のご褒美です 

 

2009/11/23 月曜日

やることいっぱい  ありがとうございます。

Filed under: 家づくりコラム — 木内

zitinsai.jpg

昨日は、地鎮祭と一年点検と見積もり、今日は打ち合わせが3件とメンテナンスのドア調整が1件有り、毎日が本当に早く過ぎていきます。

「やることいっぱい   ありがとうぞざいます」とタイトルに有りますが、幸せな思いをしています。

昨日の、一年点検の事を書きます。

なんと、暖房を付けた(蓄熱暖房のスイッチをON)のがつい3日程前と聞いてびっくりしました。

それって、一般の住宅では考えられない事  雪も1週間前に降りまた朝は気温がマイナスになるこの頃です。

やはり、弊社の推し進める高断熱・高気密住宅結果が現れています。

そして、圧巻は洗濯物を外に干した事がない、家の中でほとんど乾いてしまう、そして変な匂いもしない事お客様共働きで大満足と言っていただきました。

一般的な珪藻土クロスでは無く、弊社の推薦(標準仕様)の高機能珪藻土壁紙(特許取得品)の素晴らしい効果は計り知れないものですね。

塗り壁だと、小ヒビなどが入りやすいのですが、なんともないのです。  いや~ 優れものです。

そして、シアタールームですが実際の音響を聞かせていただきました、これだけの音出してもほんと外に聞こえないのです。これまた  優れものです。

まだ、まだ、いっぱい有りますがいまだに木の香りがしていました。

お客様の満足な笑顔にまた力を頂き、まだまだ、「やることがいっぱい  ありがとうございます」

このお客様の笑顔もっと、もっと多くの人に味わって頂きたいですね。 itou-050.jpg

ちなみに、上の写真は先日FPグループの全国大会に行った時に撮った写真です。

FPグループ長野支部長の伊藤さんです。

とても笑顔の素敵な人です。

2009/11/21 土曜日

雨に濡らさない

Filed under: ひとりごと — 木内

067-4.jpg

雨に濡らさないって大切な事?

住宅は人生において一番高い買い物と言われています。

住宅には、家族の  夢  憧れ こだわり  が いっぱい。

その住宅の、晴れ舞台は何と言っても建て方、一番気を使う工程の一つです。

現在の建物は乾燥材を使い、合板も使います。

しかし、それが雨に濡れたらどうでしょうか。

考えるだけで   ぞっと   します。 

そして恐怖さえ感じられます。

お客様は当然・私・弊社の社員・弊社の職人みんなそう思っているはずです。

自然には、勝てない  しょうがない  

でもね  違うんだな

日ごろ言っている   気がつく事(気付き)なんですね。

そして、行動、全てが   感即動 なんです。

家づくりをしている人、全てがこのような考えになればいいのにね。

 

2009/11/20 金曜日

軽井沢の雪景色

Filed under: 未分類 — 木内

077.jpg

先日軽井沢で雪が降りました。

やぁ~寒い季節の到来

弊社の造る住宅の真価が発揮できる季節でもあります。

工事は、大変ですがお客様の喜んでいただく顔が全てですよ。

2009/11/18 水曜日

仕事内容

Filed under: 家づくりコラム — 木内

060.jpg

工事中の憩いのある家で窓枠取り付け部分の写真をUPしました。

この写真は、サッシの内側に木の枠を取り付けた写真です。

木の枠を取り付けるにも、釘などで表から打ち付ける職人さんと、このようにして釘を表に出さないで取り付ける職人さんがいます。

みなさんは、どちらが奇麗な仕事か判りますか、当然後者の方が奇麗な仕事ですね。

私たちは、いろいろな工事を見ているので判るのですが、初めて住宅を取得するお客様は、はたして自分の家はどのような工事に成るか判るでしょうか?

そこでローコストにおいて削減できるのは、はたして何でしょうか?

材料ですか?   労務費ですか?  仕入れですか?  工程ですか?   これ全てですね。

たとえば材料でいえば、当然使わなければならないところに使わない?   これって手抜き?

普通屋根の工事で先端に、無垢板で広小舞と言う木を打ちます。これは屋根の先端の通りを一直線にする役目と屋根材の収まりを良くする役目など有ります。

それを、屋根の野地合板で施工しているローコスト住宅を見ます。

どうゆう結果になるかご存知ですか?

屋根部分は、特に夏の暑さや冬の寒さ、露時の湿度など過酷な条件が現れる所です。

特に屋根先端は、一番大事なところです。そこで合板などの接着剤で固めた物を使うと必ず剥がれなどを起こします。

多分10年は持たないでしょう。でも高い所なのでお客様は、判らないのです。

そこなのです。

建てた当初は、同じでも月日が経つにつれて違いが出るんですよ。

材料がそうなら、労務費もそう、いろいろなところで歪が出るんです。

だから、しっかりした材料しっかりした仕事内容です。

住宅は、ある程度金額そのものなのです。

そこに、各会社のこだわり姿勢が反映してくるものなのです。

 

2009/11/13 金曜日

軽井沢の紅葉

Filed under: 未分類 — 木内

076.jpg

軽井沢の紅葉も、もうすぐ終わりそうです。

今は、道路や庭に落ちた木の葉を掃除する仕事が真っ盛りです。

軽井沢は、苔庭が多く木の葉を除去しないとだめになってしまうのです。

この作業が、終わるころは浅間山に雪が降り本格的な冬になります。

短いこの期間に、動物や私たちは大忙し、やりたいことがいっぱい頑張らなくては。

2009/11/9 月曜日

正確さ

Filed under: 未分類 — 木内

074.jpg

建物特に住宅は、正確さを要求します。

そこに住むこと、裸足で歩く、毎日扉を開いたり閉めたり壁を触ったりまた天井を見たりいろいろな事をします。

特に、素足で建物内を歩く事は日本古来の習わしと言いますか習慣の一つとなっています。

外国はと言いますと、靴の文化で家の中でも靴を履いているのをよく映画などで見かけます。

外国から来た2*4工法だからできるのか?   アバウトな作業

先日の夕方見かけたのですが、野天の作業場でしかも投光器の明かりを使って2*4のフレーム(枠)を作っていました。

2*4の命は、フレームです。2*4が我が国に入って来てからフレーマーと言う職種ができました。

フレーム(枠)を主に作る大工さんです。彼らは、日本間などの造作(製作)ができません。

釘で、打ち付けるのが主な仕事です。

何を言いたいかと言うと、写真のような作業で正確な建物ができない。

ただ造れば良いのか?

そうではないですよね。

住宅は、病気の人を健康にする力が有ります。また逆に健康な人を病気にします。

それは、建物の出来によって現われてくるのです。

たとえば、床が斜めになっている家に住んでいると平衡感覚が失われるのです。

床や壁から隙間風が入ってくると冷え症とかヒートショクで脳卒中などになってしまいます。

だから、正確さは非常に大切ですよ。

 

2009/11/2 月曜日

引っ越し

Filed under: 未分類 — 木内

040.jpg

おもてなしの家が完成して、先日引っ越しでした。

引っ越しは、一番に天気そして二番に段取り

お客様の予想で急きょ引っ越しが決定   これは正解でした。

引っ越しは、○○ネコでした。

なるほど専門業者、手際の良さと連携プレーがすばらしい。

私たちが一番心配なのは、養生です。

御覧の通りの養生   安心しました。

各業者さんが丁寧に完成させた家、いつもですが会社のみんなが大切に精魂込めた家、傷をつけないように。

参考になった出来事でした。041.jpg

Copyright© 2006 Kiuchi Corporation. All Rights Reserved