木内工務店ブログ

2009/2/22 日曜日

お客様の声

Filed under: 未分類 — 木内知恵美

28日・1日の完成見学会にあたり

「省エネあったか軽井沢の家」 お客様の声をいただきましたので紹介します。

 

家づくりを考え始めハウスメーカーの押せ押せの営業にしっくりいかず、その後何軒かの工務店も回りました。

他社では、建築中の現場を見る機会がなかったのですが、木内工務店では基礎から進行状況を何度も見せてくれました。

完成してからでは見れない部分、工事の裏側まで見せてくれる姿勢に、正直さを感じました。

さらに、現場監理者のチェックの上に、社長のチェックが入り、自分たちの仕事に自信を持っている様子などから信頼感を大きくし、木内さんに決めました。

第一希望のあたたかい家を叶えてもらいましたが、建築中に発生した私達の要望に応えるために、一緒に話し合いながら、予算内に収まるように提案も頂きました。

私たちの思いの詰まった家を見に来て参考にして下さい。

 

お客様へ

声をいただきありがとうございます。
入居されてからも木内工務店で良かった。と思っていただけるよう心して作ってきました。住み心地の感想をまた、お聞かせ下さいね。

 

木内工務店より * お 知 ら せ *

完成見学会と同時開催で、家づくりセミナーを行います。

・住宅ローンの賢い借り方   両日午後1時~

・家づくりを失敗しないために
    「住宅価格の仕組みと見積もり書の見方」 両日午後3時~

・お客様の家づくり体験談

以上のセミナーを行います。

世界的に厳しい経済状況時の家づくり、しっかり勉強して賢く建築しましょう

お出掛けをお待ち致しております。

(株)木内工務店 スタッフ一同

 

2009/2/20 金曜日

プロの仕事

Filed under: ひとりごと — 木内

a-006.jpga-005.jpg

先日通り掛けの光景を見て思わず写真を取ってしまいました。

見ていると、さすがプロなんだ上で作業している。   当たり前ですが。

私には出来ない仕事、彼らは命がけで20メートルぐらいの高い所で作業している。

「命がけの仕事」言うのは簡単だけど少しの油断でも命を無くす、緊張の連続。

自分はどうなんだと問いかけてみる。

毎日あの人たちの様に緊張感をもって生きなければ。

よし!     と気合いを入れました。

2009/2/17 火曜日

困った時の〇〇頼み?

Filed under: 家づくりコラム — 木内知恵美

工事が完了したばかりのお客様から集金の依頼があり

伺ったところ 「さ~どうぞ、どうぞ  」   と通されて

お茶まで頂いて暫しお話をしてきました。

ちょうど、両親と同年代のご夫婦宅なので農作業の話や息子さん、お孫さんの話などに花が咲き、

奥様が「無農薬で作った白菜のおひたし、上がって。とても甘いのよ」

と、おひたしを出してくださいました。

images1.jpg 白菜のおひたしの作り方
白菜をカットしてラップにくるんでレンジでチンをするだけ

とても甘くて、おいしかった デス。

 

帰り際に 

「何でも困った時にすぐ電話してすみませんね。 (今回も)丁寧にやってもらってありがとうございました」

と うれしいお言葉をいただきました。

いつまでも、どなたにとっても、困った時の木内工務店 

であり続けたいと思い

「いつでも、何でも電話下さい」 と申し上げておいとまして来ました。

 

2009/2/16 月曜日

は~い、東向いて・・・・

Filed under: ひとりごと — 木内知恵美

は~い、東向いて・・・・・・

「は・は・は・は・・・(笑い)」

 

これ何だか分かります?

我が家で初物を食べた時にする仕草です。

子供の頃から実家では

初物を味わえる感謝の儀式として行っていました。

 

暖冬のお陰で早くも 初物お目見え

             p1000367.JPG
              顔を出したばかりの ふきのとう
             p1000369.JPG
             ビニールハウスで冬越しをした 春菊の新芽

 

早速、 お天ぷら にして、

ふきのとう 独特の苦み と 春菊の香りをたんのうし

自然の恵みに感謝・・・・

 

昨日、軽井沢の国道の温度表示が午後5時で8℃

2月とはとても思えない陽気

p1000370.JPG
路地のイチゴの葉っぱが青いのも、暖冬ならでは

しかし、今夜から また 冬の気候になるとか

体調管理に気が抜けませんね。  

みなさん、ご自愛くださいね。

 

2009/2/13 金曜日

何を持って良しとするか?

Filed under: ひとりごと — 木内知恵美

受験シーズンまっただ中

images.jpg

中学受験のかわいい甥が第一志望の某有名私立中学に見事、合格の朗報が届きました。

本人も、生真面目でがんばりやさん

       それ以上に両親の協力がすごい

お父さんは在宅勤務の日を増やし、通勤時間を息子の受験勉強サポートに当てたようでした。

 

そんな、甥に比べ 我が家のことを 

      義母がポツリと

「仕事が忙しい、忙しいと知恵ちゃんが子供の勉強を見てあげられなかったね。

 (息子が)支部のリクレーションで 上田のプールに行った時も知恵ちゃんは仕事で行けず私が連れて行ったね。 おばあちゃんが行ったのは二軒だけだったよ。
あの頃、子供達の勉強を見てあげていたら、〇〇〇(息子)はもっと違う仕事を目指していたんじゃあ無いかね~。

      ( 沈黙 )

そうそう、知恵ちゃんが赤い車に乗っていた頃ね~

☆☆(長女)がかわいそ~だったんだよ      

        ( ため息 )
朝、知恵ちゃんが仕事に行く時、  じゃあ 行ってきま~す。 と出て行くと

サッシ越しに見ていた ☆☆(長女)が、

足をドンドンドンと(ジタンだ踏むように)して、エンエン泣いて後を追ったんだよ

 

かわいそうだったよ・・・・・・・・・   

 

仕事、仕事で来ちゃったけど

仕事は一生付きまとうけど、子供の教育は一時だからね~。 」

 

私も長女のそんな事はつゆ知らず、始めて耳にした出来事でした。

6f2c0805329f3aa0.jpg

仕事に就き、結婚して、幼児期も含め子育てはだいぶ、おばあちゃんにお願いして仕事を続けて来ました。

その分、母として子供達には後ろめたさがある私

その話を子供達にすると

「後ろめたいと言われると、私達が(親が手を掛けてくれなかった)ダメな子みたいだから そんなこと言わないで」と言われ、

子供達には言ってはいけない言葉なんだなと思った事がありました。

 

何を持って子育ての結果の良し悪しを判断するか?

まあ、人様に迷惑をかけず、苦しい時ももう一踏ん張りのできる仕事に就いてくれればいいかな。

 

子育て時期に心の余裕が無かった私達夫婦は

仕事を通じて多くの方々と巡り会い、育てていただき

その方々の熱い思いを受け止めれば受け止めるほど

仕事に対する姿勢 = 自分の人生の在り方 

になり、しっかりした家づくりをしようという思いにのめり込み

益々、事務所に居る時間が長くなっていきました。

 

実家の母が

「口が上手でおべっかを言える性格でも無いし

人に恥じない事をやってさえいれば、お天道さま(太陽)はただ見てないよ。

良しき事も悪しき事も自分の心掛けと行動しだい、

全てが、いつかはめぐり巡って自分に返ってくるよ。」

 

実家の父は

「親孝行したい時に親は無し。 だから、生きている時にするのさ・・・・」

 

この教えだけは子供達に日頃、話して聞かせ 植え付けた つもり

そして、自分の心の拠り所にしています。

 

そうそう、母はこんな事も言っていました

「美味しい物もまずい物も、すべて(喜びも悲しみも) 家族で分け合うんだよ」

 

今となっては、子供達の頑張る姿が刺激となり
  (弱音は恥ずかしいしね)

さ~  木内工務店のスタッフともう一踏ん張り・・・・・

 

2009/2/12 木曜日

霜焼けも快方に向かう暖かさ

Filed under: ひとりごと — 木内知恵美

超冷え性の私は毎年、毎年、11月頃から

足の霜焼けさんがお出ましとなります。

昨年も例外無く、霜焼けさんが誕生。

 

5本指ソックスの上にソックスを重ね履きして

スリッパは、ボア付きにして

冷える日には薪ストーブでチンチンに沸いたお湯を湯たんぽに入れ発泡スチロールの箱に湯たんぽを置いてその上にソックスの足を乗せる。

 

来客がある時は、スリッパに履き直してから出て行くので

オチョコチョイの私は転びそうになりながら出て行く

 

暖かい家を作って評判の木内工務店

されど、我が事務所は築30年の安普請  寒さにはみんな敏感

そして、暖かさが如何に重要か身を持って体感しています

 

設計の岩下ママは 「事務所へ来ると霜焼けになるんですよね~。週末は家に居て大丈夫なんですけどね~」

ホント・ホント

 

でも、ここ数週間はいつもの年と違う

いつもなら今頃は寒さもピーク 、  霜焼けさんもピークのはず

           090211_135201.JPG 
           昨日の軽井沢  雪が溶けて、青空がまぶしい

 

一年中の降雨量は決まっているとか

     なのに、今年は雪が少ない。

天の神様は昨夏のゲリラ豪雨のように、

今年もゲリラ豪雨で帳尻を合わせるのでしょうか?

 

いずれにしても、家庭でも二酸化炭素の排出削減に取組み

地球温暖化 スットプに努めないと 日本の美しい四季が危うくなるばかり

 

090211_151201.JPG
凍み上がった土に押し上げられても 
        尚、たくましく色鮮やかな軽井沢の苔

 

例年より暖かいと言っても、まだ、まだ 2月

朝晩は冷えています。

くれぐれも、ヒートショックには お気を付けください

 

2009/2/9 月曜日

当たり前のこと

Filed under: 家づくりコラム — 木内晋治

a-068.jpg

弊社の現場に新しいフラッグが張られました。

気づかれたら、少し立ち止まって読んでください。

ここに書きます。

当たり前のことを まじめにやっている工務店です。

本物の高断熱・高気密性住宅には それにふさわしい断熱材と施工法、そしてそれに対応した乾燥材、ドアや窓などの開口部の素材が必要です。

「名ばかりの高断熱・高気密性住宅でない本当の住み良い住宅を作る」

私たちはそんな当たり前のことを、まじめに取り組んでいる工務店です。

以上の内容です。

昨今いろいろなところで、今までの常識が非常識また非常識が常識と言われています。

この経済状況の中で生き残るには・・・・・・・。との書物も多いのです。

住宅業界でもご多分に漏れず、「これでもいいの」と思われる建物や売り方がはびこってきています。

まったく泣けてきます。

売れれば良いんじゃないんです。住宅は!

2~3年よければ良いんじゃないんです。住宅は!

住宅は、そんな  あまいものではありません。

3月に勉強会を行います。

その時に、いろいろな事を お教えします。

是非興味の有る方は、参加して下さい。

きっと人生が、変わります。

 

2009/2/5 木曜日

断熱工事って

Filed under: 家づくりコラム — 木内

断熱工事

木々の癒しに包まれたリゾートハウスの断熱工事が明日で終わります。

先週からおこなって3日間の予定でしたが、私とシホさんの検査が入りましてもう2日追加になり明日最終チェックです。

今日聞いたのですが、現場の大工さんもここがまだとか一生懸命にチェックをしてくれているとの事でした。

人それぞれ見方が違いますが3人が3人とも、これなら大丈夫と言うまでが木内工務店の仕事です。絶対に妥協はしません。

見えないところの工事は業者にまかせてしまうところが多いと聞きます、仕上げの工事がどうしても気になりますが基礎工事はじめ仕上げの前の見えないところが大切な部分なのです。

大木もしっかり立っていられるのも、見えないところの根がしっかりはっているからなのです。

住宅もそのように言えます。

 

2009/2/3 火曜日

約束

Filed under: ひとりごと — 木内

花束

昨日は、当社の岩下嬢のお誕生日でした。

昨日は渡せなかったので、今日私のアカペラと共に渡しました。

おめでとう。

2009/2/2 月曜日

浅間山噴火状況

Filed under: 軽井沢スタイル — 木内

みなさんもニュースでご存じかと思いますが、

昨夜2時頃、浅間山が噴火しました。

私も軽井沢にいて、たしかに2時頃細かい揺れがあり、地震だと思っていました。

まさか噴火なんて…

 

東京のお客様方からもお心遣いのお電話やメールを頂き、

ご心配いただき ありがとうございました。

 

キャリテ工房がある南が丘周辺は灰もありませんでした。

 

やはり浅間に近い千ヶ滝近辺は灰がすこし積もっていました。

火山灰

 

小浅間も雪ではなく灰が積もっています。

小浅間

 

それにひきかえ当の浅間山は…

浅間山

多少煙は出ていますが、快晴でとてもきれいに見えました。

昨夜のストレス発散でスッキリしたんでしょうかね。

 

Copyright© 2006 Kiuchi Corporation. All Rights Reserved